ガッツリ稼ぎたいなら一棟売りアパートを運営しよう

積み木

不動産投資における節税

アパート

ワンルームの節税効果とは

不動産投資による節税効果は、規模の小さいワンルームマンション投資でも十分得ることはできます。主に節税できる税金は、所得税と相続税の2つになります。ワンルームマンション投資で、所得税を節税できるケースは、投資による赤字が発生したときです。所得税の計算は、個人の所得に対して行なわれますが、サラリーマンは会社側がその計算を毎月行い先に源泉徴収しています。ワンルームマンション投資で発生する家賃収入は、会社の給与とは別に自分で確定申告を行い所得税を納めます。このときに、投資による収入が赤字になったときは、給与所得から引かれていた所得税や源泉徴収分の還付が受けられます。その理由は、ワンルームマンション投資で赤字になるケースを考えるとわかります。ワンルームマンション投資では、費用の計上を行いますがその費用に減価償却費があり、この減価償却費を計上することで赤字が発生することがあります。減価償却費とは、ワンルームマンションを購入した金額を利用できる年数で割った金額のことです。帳簿上では、減価償却費は費用であり、実際に現金支出がなくても費用として計上することが認められています。ワンルームマンション投資では、この減価償却費分の赤字が所得税の節税効果をもたらしてくれます。帳簿上で赤字となれば、給与所得から納めていた所得税の還付を受けることができます。このことを指して、ワンルームマンション投資には、節税効果があると言われる所以です。もう1つの節税効果は相続税ですが、現金を相続したときと不動産で相続したときとでは、納める相続税の金額は3倍ほど変わってきます。相続させたい現金をワンルームマンションに置き換えることで、相続税を3分の1まで圧縮することが可能です。