ガッツリ稼ぎたいなら一棟売りアパートを運営しよう

積み木

賃貸経営の利回り

模型とお金

計算方法や種類

賃貸経営をしようとする場合、収益性について考える事が必要になります。今後どれ位の利益が考えられるか把握するのに、利回り計算が使用されます。不動産投資で賃貸経営をする為に物件を購入する場合、販売会社が提示している利回りは購入是非の目安になります。利回りにはいくつか種類があります。表面利回りは物件購入に掛かった費用で、年間の家賃収入を割った数値です。家賃収入ではその地域の家賃相場に合わせた平均的な賃料で計算するので、正確とは言えません。しかし収益力を大まかに理解するのに便利です。年間収入には地域の平均家賃相場の額に、賃貸する部屋数をかけて出します。その額に購入費用で割り、最後に%で表すので100倍します。次に実質利回り。こちらは表面利回りより正確な収益力を捉えられます。家賃収入から火災保険料や管理費、不動産管理会社に支払う費用を引いた額を出します。そこから先程同様に物件購入に掛かった費用で割ります。ランニングコストを含めた計算方法です。最後に想定利回り。計算方法は表面利回りと同じです。こちらの場合満室を想定して、尚且つ家賃は周辺の家賃相場の最高額で計算されている事も多いです。不動産投資を検討している人に対して、販売会社が提示や記載している利回りの多くは、この想定利回りです。以上の様に物件購入の際の目安になる利回りですが、全てを鵜呑みにする事は危険です。何より入居者がいなければ収益は見込めません。周辺の家賃相場や人気の間取り等も考慮に入れる必要があります。