ガッツリ稼ぎたいなら一棟売りアパートを運営しよう

積み木

自宅の賃貸活用

リフォーム

自宅を長期出張などで一定期間空ける場合、自宅の有効活用をしたいということがある。自宅を空けている期間も、持ち家の場合には住宅ローンの返済や固定資産税の支払いが発生してしまう。また自宅を空けておくと、建物維持管理を行わないと劣化が進んでしまうなど問題になるケースもある。これらのような、自宅が一時的に空いてしまう場合、短期間で賃貸として貸し出すものがリロケーションであり、利用する人が増えている。リロケーションを行う場合には、一般的には不動産業者に仲介してもらうことで貸し出しを行うことが通常である。不動産業者に入居者を見つけてもらい、賃貸関連の契約などの手続きについても不動産業者に実施してもらうことができる。このように業者を活用することで、部屋を貸し出す側は手間を掛けずに貸し出すことができ、入居者を得ることができれば賃料を収入として得られる。これらのリロケーションを行う際には、長期出張などから戻った場合には依然と同じように自宅として利用できる必要がある。その為、通常は期間を限定したり、短期間の利用を前提として貸し出すことが一般的である。期間を短く設定する分、貸手としては賃料を安く設定する必要性が出るため収益は上げにくいが、空き家とすることに比べた場合には、利益を上げることができるためお得になる。これらのことから、一定期間住宅を空ける場合には空き家として放置するよりもリロケーションを活用することが効果的である。